なぜそこが黒ずんでしまったのか

MENU

なぜそこが黒ずんでしまったのか

なぜそこが黒ずんでしまったのか理由はわかるでしょうか?

 

乳首をピンクを解消したいのであれば、セルフ脱毛によるムダ毛処理はしないことをおすすめします。

 

肌は、刺激を受けるとメラニンを生成しやすくなり、また刺激を受けた部分の肌の角質が厚くなることで色素沈着が起こります。
特に、乳首をカミソリや毛抜きなどを使用して自己流のムダ毛処理をしている場合は、乳首が黒ずむ原因を自分で作っているようなものです。

 

ワックスや脱毛テープによる脱毛も刺激を受けやすいので、ピンクが気になる人はセルフ脱毛を避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

セルフ脱毛がいけないのはわかったけど、乳首のピンクを消す方法はどんなことなのかわからない、という人も少なくないでしょう。

 

乳首のピンクを消す方法は様々あります。

 

一番早い消す方法は、美容皮膚科や美容クリニックなどの専門院で治療してもらうのが、一番てっとり早い消す方法だと言えます。
しかし、美容皮膚科や美容クリニックは自由診療なため費用がかかるので、なるべく費用を抑えたいという人もいることでしょう。

 

そういう人には、薬局などで購入できる美白クリームなどがおすすめです。
特に、肌の漂白剤として有名なハイドロキノン入りのものは有効だとされています。

 

その他の消す方法で有効なのは、抗酸化作用が強く美白効果も高いビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸のサプリで体の内側からピンクを改善していく方法もあります。

 

ただ、乳首はデリケートな部分なので、しっかりと治していきたいのであればやはりクリニックに通うのが良いでしょう。