手足の冷え 改善

手足の冷えを改善、原因と効果的な対策

MENU

手足の冷えは血行不良が原因

手足の冷え 改善

 

手足の冷えは末端冷え性と呼ばれ、原因は血行不良から起こります。
指先や足先がなかなか温まらず辛いです。

 

生活習慣を見なおしたり、簡単な運動をすることで改善することができます。

 

血液の巡りが悪くなる原因は筋力が大きく関係しています。

 

筋肉量が少ない、筋肉の動きが悪いと心臓からの血液を身体中に巡らせることが出来ません。
筋肉はポンプの働きをしているので、筋肉の動きを良くすることによって血行が良くなります。

 

ストレッチやマッサージ、ツボ押し等に加え軽い運動も取り入れます。
ツボは合谷、太谿、三陰交と呼ばれるツボを押すと効果的です。

 

特にウォーキングは20分以上続けると有酸素運動となり血液に酸素が取り込まれるので全身に血液が巡りやすくなります。

 

また女性に多いのが、身体を締め付ける下着や洋服を身につけることです。
結果血行が悪くなり手足の冷えの原因だけでなくむくみの原因にもなるので注意が必要です。

 

また寝る時に足先が寒いから靴下を履くのも逆効果です。
足首を締め付ける事になり逆に血行が悪くなるので注意が必要です。

 

寝る時に足元を暖めたい場合は寝る前に足湯をしたり、湯たんぽなどで足元を温めるといいです。

 

 

食生活を見なおして手足の冷えを改善

手足の冷え 改善

 

まず気軽に始められる末端冷え性を改善する方法は、食べ物での改善です。

 

身体を内部から温める「」の食べ物を積極的に取り入れます。

 

寒い地方で取れるもの、寒い時期に収穫できるもの、地面から生えてくる物(根菜類)、色の濃い物等が挙げられます。
ニンニク、ネギ、ショウガなどが身体を温める食べ物の代表的な物ですが、特にショウガは身体を内部から温め冷え性の改善に効果があります。

 

生のおろし生姜を紅茶などに入れて飲むのがよくある方法で、発熱時には有効な方法ですが冷え性の場合は生だとかえって身体を冷す恐れがあります。
冷え性に良いショウガの使い方は乾燥ショウガです。

 

ショウガにはジンゲロールとショウガオールという成分があり、生のままだとほぼジンゲロールしか含まれてないです。

 

ショウガを薄くスライスして1?2日天日干しし乾燥させたショウガはジンゲロールが身体を温める効能のあるショウガオールに変化します。
乾燥ショウガは紅茶やスープに入れて使うとよりいっそうポカポカになります。

 

夏にも冷房などが原因の冷え性になる事が多いですが、夏だからと冷たい物を控えて身体を冷やさないように心懸ける事が大事です。